besson トランペット

楽器メーカー

金管楽器発展の立役者、ベッソン(BESSON)社について

更新日:

ベッソン社は1837年にギュスターヴ・オーギュスト・ベッソンによってフランス・パリに設立され、ベッソンが18歳の時に同時期の全てのモデルを上回る革新的な設計のコルネットを作り出しました。

ベッソンの製品はすぐにヨーロッパの至るところで大きな評価を得ました。

その後も優れたメーカーと合併・買収などを繰り返し、多くのすぐれた職人によってベッソン社は成長していきました。

現在もコルネット、テナー・ホルン、バリトン、ユーフォニウム、チューバといった金管楽器を中心に世界中のアマチュア、プロ奏者に愛用される高品質な楽器を製造しています。

中でも、ベッソンの原点ともいえるコルネットやユーフォニウムはその柔らかく深みがあり、豊かな音色で世界のトップ奏者にもファンが多いブランド楽器として認知されています。

また、バリトンホルンやチューバでは、楽器が自動的に音程を補正する画期的なシステムであるコンペンセイティングシステムが搭載されたシリーズも発売されており、高クオリティで音の抜けも素晴らしいと大変評価が高いです。


-楽器メーカー

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.