ホルン

V.F.Cervenyのフリューゲルホルンはどのような楽器?

更新日:

V.F.Cerveny(バツラフ・F・チェルベニーは、1842年にフラデッチェ・クラロバに工房を創立しました。

現在多くのメーカーで使われているフリューゲルホルンのロータリーバルブシステムは1846年にV.F.Cervenyにより考案されたものです。

ロータリーバルブシステムはそこから数々の改良を重ね、現在に至るまで継承されている技術です。

V.F.Cervenyのフリューゲルホルンは比較的マイナーな部類の楽器です。

また、マウスパイプのシャンクに特徴があり、トランペットに近いとプレイヤーの間では言われています。

V.F.Cervenyのフリューゲルホルンは、非常に柔らかく、あたたかい音色と定評があり、多くのプレイヤーに支持されています。

チェルベニー トランペット

ホルン
楽器ハンドメイドの注目ブランド、ヴァンラー(Van Laar)

1990年に設立された、オランダにあるハンドメイドブランドのヴァンラーは、トランペットやフリューゲルホルンなどを主に製作しています。 本体はもちろんの事、ベルやバルブなど ...

続きを見る

-ホルン

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.