トロンボーン

歴史と伝統のあるシージーコーン社のトロンボーン C.G.CONN

更新日:

19世紀から続く楽器メーカー「C.G.CONN」

人間の声にもっとも近い音色と言われているトロンボーン。

イタリア語で「大きいトランペット」を意味し、トランペットと並んで代表的な金管楽器のひとつです。

トロンボーンの構造はシンプルでスライド式になっている管を伸縮することにより、音程を変え演奏します。

トロンボーンを始めたい方におすすめのブランドが、総合管楽器メーカーとしてアメリカでもっとも歴史と伝統があり、世界中のオーケストラサウンドを作り続けてきたブランド、シージーコーンです。

創業者のチャールズ・ジェラルド・コーンが1875年、20フィート四方の小さなお店でアメリカ初のコルネットを世に送り出したことから始まり、1893年にはシカゴで開かれた万国博覧会でシージーコーン社の楽器が最高栄誉賞を得ています。

シージーコーンの暖かくて柔らかい独特の音色をぜひ堪能してみてください。

C.G.CONNの72Hと100Hのトロンボーンの違い

C.G.CONNの72Hのトロンボーンはエルクハート期のシングルバストロンボーンです。

現在では見かけることも難しい72HシングルロータリーバストロンボーンはC.G.CONN特有の伸びのある音色が特徴的です。

現在主流となっているダブルバルブの重たい楽器程のパワーはありませんが、コントロール性が非常に高い楽器として72Hは認知されています。

C.G.CONNの100Hのトロンボーンは細管テナートロンボーンのことです。

その100Hのトロンボーンは1987年に製造され、ボアが細管12.70mmあり、ベルはイエローブラスベルで8インチもの大きさになります。

トロンボーン
pBone miniってどんなトロンボーン?

pBone miniとはプラスチック製のアルトトロンボーンのことです。 pInstrumentsという、英国で開発されたプラスチック製の楽器の一つであり、教育現場でも使用 ...

続きを見る

Let's read!

1

Contents1 ゲッツェン社(GETZEN)について2 ゲッツェンのトランペットについて2.1 GETZEN390SトランペットB♭ゲッツェン3 ゲッツェンのトロンボ ...

2

Contents1 Vincent Bach(ヴィンセントバック)という楽器の会社の歴史2 Vincent Bachのトランペットについて3 Vincent Bachのト ...

3

Contents1 捨てるのはもったいない!楽器を高値買取してもらう方法2 店まで持って行く必要はない!2種類の査定方法2.1 出張買取2.1.1 査定=売却決定ではない ...

4

PINSTRUMENTSとは管楽器をプラスチックで製造した楽器です。 値段が手ごろなのが魅力であり、初心者が最初に手にする楽器としても良いでしょう。 プラスチックで出来て ...

5

Contents1 高温をカットしてくれる透明な耳栓2 earasersの実際の口コミ 高温をカットしてくれる透明な耳栓 楽器を演奏している人であれば、誰もが気になってく ...

-トロンボーン

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.