トロンボーン

トロンボーンとフリューガボーンについて

更新日:

マーチング用トロンボーンだったフリューガボーン

トロンボーンは人の声に一番近い楽器とされ、15世紀頃から「聖なる楽器」として宗教的音楽を支える役目として演奏されてきた。

トランペットやホルンと同じ金管楽器であり、唇を振動させることで音を発生させて、マウスピースを通して楽器全体に伝達していく。

この楽器は振動音を響かせる拡張器の役割を持っている。

キィやピストンを押して音を変えるのではなく、スライドを使って伸び縮みさせながら音程を変えるため、とても細かいピッチを取ることができる。

また、ハーモニーを作ることも得意なので、連続的に音程を変えられる。

 

トロンボーンの一種にフリューガボーンというものがある。

これはトランペットのような形状だが、元々はマーチング用のトロンボーンである。

フリューガボーンは素晴らしい音色とピストンならではの操作性により、ジャズプレイヤーが演奏するようになった。

キングのフリューガボーンは最近流行りのアンティーク調のカラーリングを施した楽器として珍しいとされている。

ゲッツェン
ゲッツェン(GETZEN)社のトランペットとトロンボーンの性能

Contents1 ゲッツェン社(GETZEN)について2 ゲッツェンのトランペットについて2.1 GETZEN390SトランペットB♭ゲッツェン3 ゲッツェンのトロンボ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-トロンボーン

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.