マウスピース

伝説の?MP職人、グレッグブラック(Greg Black)

更新日:

金管楽器のマウスピースは、日本のヤマハが開発に着手するようになってから、格段にその品質が向上しました。

徹底した機械化により個体のバラツキがなくなったことにより、信頼性が高まったのが大きな要因です。

しかしながら、個々のプレイヤーの細かい要求にこたえることができるのは、マウスピース職人の軸連した技術に他ありません。

名門「ジャルディネリ」で修業を積んだグレッグブラックは特にトロンボーンのマウスピース作りで評価が高く、世界中のトッププレイヤーが注目しています。

トロンボーンはトランペットに比べてサイズが大きく、微妙な形状の違いを意識するプレイヤーが相対的に少ないため、専門のマウスピース職人が少ないのが現状で、グレッグブラックは数少ない存在です。

また、トランペットプレイヤーにもグレッグブラックはメイナード・ファーガソンのモデルを発売していることでよく知られています。

マウスピース
ドイツのマウスピース専門店が生んだJK(ヨットカー)

Contents1 ドイツのマウスピース専門店JK(ヨットカー)2 USAモデルとExclusiveモデル2.1 トランペット用JKマウスピース2.2 トロンボーン用JK ...

続きを見る

スポンサーリンク

-マウスピース

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.