ヘットマン hetman oil

アクセサリー

管楽器のケアにはヘットマン(Hetman)のオイルがおすすめ

更新日:

管弦楽器奏者のみなさん。こんにちは。

楽しい音楽ライフをお過ごしでしょうか?

音楽とは最高に楽しい物ですね。

人生を豊かにしてくれる、それが「音楽」です。

あなたはその中でも「管楽器奏者」ですよね。

 

楽器のお手入れをきちんとされていますでしょうか?

毎日の練習の後にマウスピースはきちんと水洗いしていますか?

マウスピースブラシで汚れをきちんと落としていますか?

マウスピースクリーナーでケアが出来ていますか?

 

さらに、週に一度はピストン部分や抜き差し管をきちんと抜いてクリーニング出来ていますでしょうか?

抜き差し管は毎日の演奏の度にきちんと水分をとって乾燥させるようにしましょう。

ピストン部分は週に1度は分解をしてケアをしましょう。

その際におすすめなのがHetmanのローターオイル、ピストンオイル、スライドオイルです。

ヘットマンといえば、管楽器のケア用品では老舗中の老舗。プロの奏者にも愛用している人が多いメーカーです。

 

各楽器でケア方法はまちまちですが、抜き差し管はきちんと抜いて水分を毎回除去するのが基本です。

抜き差し管にはスライドオイルをきちんと塗って週に一度はケアをしましょう。

ピストン部分にも水分は溜まりやすいので必ず水分を除去するケアが必要です。

水分を除去し終わった後には、ピストンオイルを注入して馴染ませる必要があります。

オイルを定期的に使用することで楽器の演奏感もよくなりますし、チューニングにも影響が出てきます。



ホルンやトロンボーンなどの「ロータリー式」管楽器にはローターオイルでのケアが必要です。

トランペットなどのピストン式の楽器とは違い、回転バルブ部分の分解が極めて困難です。

ホルンやトロンボーンのケアにはローターオイルとそのオイルを注すための専用のローターオイル用のノズルを使って注入していきましょう。

専用のローターオイル用ノズルを使わずに無理やりローターオイルを注入すると楽器の故障の原因になります。

ホルンやトロンボーンなどでロータリーが固まって動かなくなったという故障の原因はこのローターオイルの注入時の不具合が非常に多いです。

楽器というのは定期的なメンテナンスをしなければいけません。

定期的なメンテナンスをし続ければ、いくらでも長い期間演奏を楽しむことが出来ます。

管楽器のメンテナンスには是非「Hetman」のケア用のオイルが大変おすすめですので是非ご検討くださいませ。

スポンサーリンク

-アクセサリー
-

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.