hirsbrunner ヒルスブルナー

楽器メーカー

細部へのこだわり「ヒルスブルナー社」の金管楽器

更新日:

スイスのヒルスブルナー社といえば、200年の歴史のある楽器メーカーです。

チューバやユーフォニアムはとくに有名で繊細な音を奏でると有名なメーカーです。

初代ヒルスブルナー氏から伝統技術が受け継がれること200年、その卓越した製造技術は健在です。

チューバは金管楽器の中でも低音を支える楽器。

テナーやバス、コントラバスと音域で種類が分かれています。

ユーフォニアムはチューバよりも少し上の音域「中音域」をカバーする楽器です。

有名な楽器トロンボーンと似たような音域音色ですが、少し柔らかめの音を奏でてくれる楽器です。

ヒルスブルナー社の金管楽器はどちらも「細部まで良く作り込まれた安定した音質」が特徴で、200年の同社の歴史を感じさせてくれる作り込みです。

低音域、中音域共にオーケストラでは大変重要な部分を担っていて、楽曲の核になる部分です。

ヒルスブルナー社の卓越した技術がオーケストラの根幹を担っているといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

-楽器メーカー

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.