トロンボーン

トロンボーンの世界的クラフトマンのマイケル・ラス

更新日:

管楽器の中でもトロンボーンはとてもユニークな楽器で、音を変えるときにピストンやキイを押すのではなく、スライドを動かして変えます。

このため音域が広く、連続した音の変化をコミカルに表現することができます。

オーケストラや吹奏楽、ジャズなどでも広く用いられ、欠かすことのできない楽器の一つとなっています。

また最高の音を奏でるトロンボーンのクラフトマンの一人として知られているのが、イギリスで20年以上のキャリアを持つマイケル・ラス(michael-rath)です。

多くのプロの演奏家から絶賛され、ハンドメイドによる完成品の制作はもちろんのこと、修理やカスタマイズなども手掛けています。

独特なRロゴバランサーを持っており、全音域にわたってとても吹きやすく、操作性においても柔軟性を誇っているのが特徴です。

マイケル・ラスが初めてジャズ・メンのために制作したR1Model や、それをさらに発展させたR2Modelなど、マイケル・ラスが手掛けたトロンボーンは世界中で愛用されています。

ゲッツェン
ゲッツェン(GETZEN)社のトランペットとトロンボーンの性能

Contents1 ゲッツェン社(GETZEN)について2 ゲッツェンのトランペットについて2.1 GETZEN390SトランペットB♭ゲッツェン3 ゲッツェンのトロンボ ...

続きを見る

-トロンボーン

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.