奏者

守屋純子のオーケストラとの関係性

更新日:

守屋純子はプロの音楽家で幅広く活躍している人物です。

担当楽器はピアノで高いスキルが評価されています。

守屋純子は1988年にハイソサエティーオーケストラに参加した経験があります。

そこからキャリアがスタートして現在に繋がっています。

1993年に彼女はニューヨークのマンハッタン音楽学校を卒業して実力を高めます。

その後は本格的な音楽活動を開始して作品を残しました。

『My Favorite Colors』や『Points Of Departure』という作品を発表して音楽シーンでの地位を築きます。

守屋純子はオーケストラを率いて様々な演奏をするので、そういった部分がファンを魅了しています。

守屋純子が残したオーケストラ作品は現在でも高い人気を集めています。

-奏者

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.