マウスピース

Najoomのマウスピース用エフェクターについて

更新日:

トランペットは、マウスピースの部分に「エフェクター」というものを装着することによって、音を変えることができます。

その中でもNajoomのマウスピース用エフェクターは、アメリカのミルウォーキー交響楽団で活躍するトランペット奏者の、デニス・ナジューム(Dennis Najoom)氏によって開発されたものです。

Najoomのマウスピース用エフェクターは、ライト、ミディアム、ミディアムヘビー、ヘビーの4種類があり、プレイヤーの好みの音に合わせ、音の幅を広げることができます。

また、アメリカにおいて「スタビライザー(=安定器)」とも呼ばれているだけあって、音を安定させる役割も果たします。

なお、装着できるマウスピースには少々注意が必要で、ボブ・リーブス、マーシンキウィッツ、バック、シルキーといった、ノーマルな形状のマウスピースにおいて装着可能となります。

トランペットのパフォーマンスを最大限に発揮させるために、ぜひNajoomのマウスピース用エフェクターをお試しになってみてはいかがでしょうか。

マウスピース
グレイゴ(GRIEGO)のマウスピースについて

Contents1 グレイゴではトロンボーン用のマウスピースを製造2 複数種類のマウスピースを製造2.1 ・New York Model(ニューヨークモデル)2.2 ・D ...

続きを見る

-マウスピース

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.