アクセサリー

管楽器の手入れにはヘットマン(Hetman)のピストンオイル

更新日:

ピストンオイルの役割

トランペット、チューバなど、多くの金管楽器のピストンバルブに欠かせないメンテナンス用品の一つがピストンオイルです。

バルブオイルとも呼ばれています。

ピストンオイルは、大事な楽器がサビてしまうのを防ぐ役割をしています。

管楽器は、演奏時に金属同士が擦れてしまうので、何もしないとピストンが消耗してしまいます。

そのことを防ぐためにも、管楽器にはピストンオイルは欠かせません。

ピストンオイルにも種類があります

そのピストンオイルは楽器の種類によって、使う種類も変わってきます。

サラっとしたオイルは、ピストン面積が少ないトランペットや、まだ摩耗していない新しい楽器に適しています。

そして、トロっとしたオイルは、チューバやユーフォニアムなどの大型楽器や、摩耗している古い楽器に向いています。

このように使い分けが必要です。

楽器の手入れは大切です

さらに、異なる種類のオイルに切り替える時は、オイルグリスクリーナーが必要です。

古いオイルを拭き取らないと、新しく使うオイルの効果が発揮できなくなってしまいます。

管楽器は、丁寧なお手入れが楽器の寿命を左右します。

面倒だと思わずに、お手入れも練習、演奏の一部だと思って欠かさないようにしましょう。

earasers
「イヤーレーサー」危険な高音をカットするミュージシャン愛用耳栓

Contents1 高温をカットしてくれる透明な耳栓2 earasersの実際の口コミ 高温をカットしてくれる透明な耳栓 楽器を演奏している人であれば、誰もが気になってく ...

続きを見る

スポンサーリンク

-アクセサリー

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.