シルキーのトランペット

トランペット

Schilke(シルキー)というトランペットブランド

更新日:

Schilke(シルキー)はアメリカの金管楽器製造会社です。

また、創業者のレノルド・オットー・シルキーはシカゴ交響楽団のトランペット奏者でもありました。

プレイヤーとしての経験が細部へのこだわりと高い品質への追求を生んだのです。

それゆえに、シルキーのトランペットは非常にクオリティが高いと定評があり、オーケストラ、ジャズ、スタジオミュージシャンなどの世界中の一流プレーヤーに広く使われています。

現在も質の劣化をまねくとして、大量生産を行わず、納得のいく楽器のみを世に出すという姿勢を貫いています。

よって生産本数は他のメーカーと比較すると、とても少ない状態です。

Schilkeの楽器のクオリティーが高いのは、その確固たる姿勢にあるといえるでしょう。

価格は決して手頃なものではありませんが、プレイヤーを志したら、シルキーは誰もが一度は手にしてみたいと憧れる楽器です。


トランペット
ゲッツェン(GETZEN)社のトランペットとトロンボーンの性能

Contents1 ゲッツェン社(GETZEN)について2 ゲッツェンのトランペットについて2.1 GETZEN390SトランペットB♭ゲッツェン3 ゲッツェンのトロンボ ...

続きを見る

-トランペット

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.