本、雑誌

トランペットの練習には教則本が欠かせません

更新日:

こんにちは。

管楽器ライフをお楽しみの皆さん。毎日の練習ははかどっていますか?

特にトランペットの練習には教則本が欠かせません。

トランペットを始めた方にはもちろん、トランペット中級者や上級者の方でも専用の教則本を活用することでさらなるスキルアップをすることが出来ます。

トランペットや管楽器を練習する際には教則本を必ず使用することを徹底しましょう。

初心者向けの教則本には「楽譜の読み方や楽器の使い方まで」初心者の方に一番必要な事が載っています。

トランペット中級者の方向けの教則本にはリップスラーの練習をもっと繊細に勉強できるタイプがおすすめです。

中級者の方でもまだ苦手な方が多い技術「リップスラー」ですが正しい教則本を使う事と毎日の練習で必ず習得できるようになるでしょう。

上級者向けの教則本は「トランペット専門書」といってもいいかもしれません。

音大などに行って管楽器の事をもっともっと学びたいという人に向けたかなり専門的な内容となっています。

いかがでしたでしょうか?

まずは、あなたのレベルにあった教則本を選んでトランペットの練習をされることが不可欠となります。

どのレベルの教則本がいいのかは、本の内容を実際に確認して見られるのが一番おすすめの方法となっています。


スポンサーリンク

-本、雑誌

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.