手入れ

トランペットのお手入れ方法

投稿日:

普段お使いのトランペット。きちんとお手入れをされていますか?

今回はトランペットのお手入れで大切な事やその道具をまとめていきます。

まず、必要な道具ですが「マウスピースブラシ」と「チューニング用のオイル」です。

トランペットで一番汚れが溜まるのは「マウスピース部分」ですので、まずはマウスピースを外してマウスピースブラシで洗いましょう。

次にマウスピース部分の水分を除去します。

抜き差し管も週に一度は外して中のクリーニングと手入れをしていきます。

使い終わった後は水抜きをするのは勿論ですが、週に一度抜き差し管などをクリーニングすることで更に音が良くなります。

パーツを分解した際には「どれがどこから外されたのか」を必ず分かるようにしておきましょう。

最後にパーツを全て元の状態に差し込み終わったら、抜き差し管にチューニングオイルをさしていきます。

ここで大切なのは「必ず水分をふき取り、乾燥させてからオイルを塗る」という事です。

ピストン部分もしっかり水分を除去して、バルブオイルを塗ります。

 

演奏し終わった後のマウスピースなどのケアは勿論ですが、それ専用の道具で週に一回程度の各部分のメンテナンスを行う事で楽器の音色は更によく鳴るようになります。

是非トランペットのメンテナンスを定期的にすることをお勧めします。

-手入れ

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.