楽器メーカー

Bach(ヴィンセントバック)のトランペット・トロンボーン

更新日:

Vincent Bach(ヴィンセントバック)という楽器の会社の歴史

1890年頃にオーストリアのウィーンで生まれたShrotenbach(ヴィンセントシュローテンバッハ)ヴィンセントバックという楽器メーカーを創設した音楽家兼楽器作りの天才です。

幼少期バイオリンのトレーニングを受けました。

その後トランペットの音色にも惚れてそちらもトレーニングを受けることにしました。

音楽好きのヴィンセントは何と科学にも強い適性を示し、工学の学位を取得して卒業までしました。

そして彼は初恋や不安定な音楽家としての活動のために自身の有望な将来のキャリアを諦めました。

Vincent Bach(ヴィンセントバック)というステージネームで演奏し、ヨーロッパ中を旅しながら音楽的な成功を収めました。

 

第一次世界大戦で、ヴィンセントはニューヨークにたったの5ドルの所持金で到着しました。

有名な指揮者カール・マックへの手紙を書きましたが、その手紙がヴィンセントをオーディションとボストン交響楽団へと導きました。

翌シーズン、彼はメトロポリタンオペラハウスで第一のトランぺッターとなりました。

 

1918年、ヴィンセントは足ふみ旋盤に300ドルを投資して、マウスピース(口金)を製造する事業に入りました。

事業は急速に成長し、1924年に最初のバッハトランペットが製造されました。

ミュージシャンはしばしば彼が作ったトランペットを「本物のストラディバリウス」と呼んでいました。

このことから、バッハのストラディバリウスという名前が生まれたのです。

ヴィンセントは後の1928年頃にトロンボーンをラインに加えました。

 

ヴィンセントは71歳で、自分会社を売却しました。

彼はその後現状より好待遇な条件を含んだ合計12の申し出を受けましたが、会社のための申し出は受けずに、フランスのヘンリー・セルマー・パリという楽器メーカーに自社を売ることを選びました。

1964年、ヴィンセントの楽器の工具と機械はアメリカ・ニューヨークのマウントバーノンから同国インディアナ州のエルクハートの現在の家に移されました。

今日でも、これらの楽器は今でも世界最高水準の職人技を体現し、ヴィンセントのオリジナルデザインと青写真を順守しています。

マウントバーノン時代のバック

マウントバーノン時代に造られたバックのトランペットやマウスピースは今でも人気が高く、憧れている方や、コレクターが多く存在しています。

マウントバーノン時代のものは、特に貴重なものとされており、ベル部分には、時代を刻むしっかりとした証明の刻印が押され、ケースの内側には、綺麗な青色をした高級感あるベルベットを使用しています。

また本体部のピストンには、製造番号が施されており現代では、より価値がある仕上がりです。

ストップロッドのリバース加減も現代とは違い、見ているだけでも様々な発見があることでしょう。

マウスピースに関しては、バックのマウントバーノン期に似せようと、色々なメーカーが競って真似ようと研究している様です。

ただ、マウントバーノン時代のバックには偽物も出回っていますので、オークションなど個人間の取引では注意が必要です。

Vincent Bachのトランペットについて

Bachのトランペットの歴史は1925年にマスター職人のヴィンセント・バックが最初のバッハストラディバリウスのプロのトランペットを発表したときにまで遡ります。

今日、Vincent Bachはアメリカ製の学生用トランペット、中級トランペット、そしてプロのトランペットまで幅広く取り揃え、特に米国中西部地域では最高品質とされています。

Vincent Bachのプロ用および中級用トランペットモデルはインディアナ州エルクハートで製造され、フルラインのバッハの学生用トランペットはオハイオ州イーストレイクで製造されています。

それぞれの手作りのバッハトランペットは、最高の耐久性と類なきパフォーマンス、そしてどのブランドよりプロの方々に好まれている独特のバッハのサウンドを提供してくれます。

Vincent Bachのトランペットの商品紹介

アルティザン(Artisan)

アルティザンは、数あるバックトランペットのモデルの1つであり、創始者ヴィンセント・バックと、バック社の名匠により生み出された技術の結晶であり、伝統的な設計や非常に美しい外観を持ちます。

ホールの隅々まで美しく響く音色や、バランのとれた吹奏感はバックのトランペットが持つ特徴ですが、アルティザンでは、ハンドメイド仕上げのベルや、バルブ・ピストン部にも最新の技術が惜しみなくつぎ込まれており、特に♭B管では、"カルメン"等の編曲作品において、当時の楽器の構造上では演奏が非常に難しかった、低音域のEsに対応可能となっています。


 

180シリーズ

180S37は手打ちハンマープロのベルを採用しており、温かみのある音色でジャズからコンサートやソロ演奏まで、さまざまな音楽環境でうまく機能させることができます。

リードパイプは楽曲に必ず必要とされるセンタートーンという音をより効果的に発してくれます。

美しい外観をも担う銀メッキ仕上げは、全体的な音色をも見事にコントロールしてくれます。

これらの機能と0.459インチのミディアムラージボア(ボアとは息が通る管の口径。この大きさでお音色が変わる)を組み合わせると様々な音楽に合った柔らかな音色を奏でることができます。

Vincent Bachのトロンボーンについて

バッハストラディバリウストロンボーンは、音が豊富であることで有名ですが、テーパーという先細りになってる外側の部分の割合によってなどでもトロンボーンの音色が決まります。

スローテーパーとはカーブが急な形状のことで、これが明るいジャズサウンドを生み出し、ファストテーパーという緩やかなカーブの形状は低く暖かみのある音色を生み出します。

これは一体構造により達成され、ベルという朝顔の花のような部分での無制限の振動を可能にします。

ベルの形状に加えて、ベル材料の種類と厚さも音に影響します。

銅の含有量が多いと柔らかいサウンドになり、Bachトロンボーンはこれらをうまく調整し素晴らしい音を作り出します。


Bach 42AF トロンボーンの魅力と特徴

Bach 42AFは、Bach Stradivariusプロフェッショナルトロンボーンの最新型で、無限軸流バルブを特徴とします。

既に特許取得済みのこのバルブ設計は長時間での磨耗に耐えることができます。

クロムメッキされたチューブは滑らかで素早い手すり動作に適しており、クリアラッカー仕上げ(透明染料で本来の材質を生かせる)により、全体的なサウンドに微妙な暖かさが加わります。

Bach Stradivarius 42AFプロフェッショナルトロンボーンはシンフォニックとソロの両方どちらの演奏にも理想的な音を作り出せます。


また、Bach 42AFは、トロンボーンのフォルムの基準を確立させつつも、さらに進化を続け、独特の音を作り出してきたBach(バック)の42シリーズのアキシャルフローバルブモデルです。

アキシャルフローバルブというのは、バルブのONとOFFの際の抵抗感が非常に少ないのが特徴で、それにより非常に息の流れがスムーズで、気持ちよく演奏することができます。

また、メンテナンスもそれほど大変ではないので、手間がかからないというのも魅力です。

ハンド・スライドの動きも実にスムーズで扱いやすくなっています。

Bach 42AFの外観上の特徴としては、特許取得のシールドセラミックでできたトップが耐久性があって摩耗しにくく、いつまでも美しい輝きをキープすることができることです。

やはりトロンボーンはいつも美しい輝きを放っていてこそ魅力も増すのです。

Bach 42AFは100年以上にわたって世界のトッププロのトロンボーン奏者に愛されてきた42ベルのサウンドを、現代の技術でさらに使いやすくさせたモデルと言うことができるでしょう。

バック・Jay Friedmanとの共同開発トロンボーン

Jay Friedmanは1964年からシカゴ交響楽団の主席を務めている著名なトロンボーン奏者です。

そんな彼の名を付けたトロンボーンとして、アメリカを代表する金管楽器メーカーのヴィンセント・バック社と共同開発されたフリードマン・モデルは貴重で価値の高いモデルとなっています。

トロンボーンベルの最高傑作であるバック伝統の42Bellは、レスポンス良く音色の変化が自在です。

ベルがより自由に響く支柱を採用し、自然なベルの振動により一層澄んだ、速達性のある音を生み出します。

とても開放的な楽器で、F管を使用した時も自由自在な吹き心地であり、高音域においても自然に息を入れることができます。

Jay Friedmanも『私が吹いてきたバックトロンボーンの中で、バルブの反応が最も心地よい』と評価したとのことです。

トランペット
トランペットとベルの特徴

Contents1 トランペットは花形的人気を誇る!2 ベルの材料による音色の違い トランペットは花形的人気を誇る! トランペットは金管楽器の一つであり、オーケストラや吹 ...

続きを見る

-楽器メーカー

Copyright© Brass Love! , 2019 All Rights Reserved.