トランペット

ウェインバージェロン氏監修のトランペット(YTR-8335LA)

更新日:

ビッグバンドのリードトランぺッターでトップスタジオプレイヤーでもある、アメリカ西海岸在住のウェインバージェロン。

メイナードファーガソンと並んでハイノートのトランペット奏者としても有名です。

口笛奏法といわれ、苦し気に見える顔からは想像できない、強く太い音。

大きな手と指から繰り出す軽快なピストンアクション。

そのウェインバージェロン氏監修のトランペットがヤマハさんから出ています。(YTR-8335LA Wayne Bergeron Model)

ボア(管の直径)はLMでLよりもコンパクトな吹き心地となるようですが、マウスパイプと主管抜き差し管を改良し、その点をクリアーしたようです。

音色は華やかでジャズ以外にも吹奏楽やクラシックなど様々なジャンルに対応できる人気モデルとなっています。

また、マウスピースのウェインバージェロンモデルは、浅めのカップで容積が小さく、疲れとともに振動しづらくなることはあるものの、ウェインバージェロン本人の太く密度の濃い音に近づける魅力があります。

スポンサーリンク

-トランペット

Copyright© Brass Love , 2019 All Rights Reserved.